バック転が既に正しく跳べる人に贈る【後ろ跳びネックスプリング講座】

タイトルの通り、今回はバック転が体操的に【後転跳び】として正しく跳べる人に向けての動画を作成しました。

今回、言いたいことは全部動画内で申し上げておりますので、どうぞじっくりとご覧下さい。 かなり長編ですが後半、スペシャルサービスオマケ動画もありますよ☆

※動画タイトルをクリックorタップすると、YouTubeアプリが立ち上がります。


如何でしたでしょうか。 今回も割と真面目に(笑)つくりました。

体操・アクロバットの技を練習する全ての方に対し、怪我をしない安全な練習方法の知識と、それを叶える環境がありますように。

私は部活以外の練習場所が農道か稲刈り後の田んぼだったので(笑)、自分が怪我をしないで済む練習方法は自分自身で考えたり、編み出さねばなりませんでした。 自分自身で見つけた考え方や技術だからこそ、何が最も重要なのか、そして最初にあった方が良いものが何なのかが解るのだと思います。

それを私は同じ道を歩まんとする方々に、遠回りをしなくて済むように伝えたい。 自分は部活で毎日練習を重ねられたけど、その機会が得られなかった方には、やはり道案内が必要という事です。 私は最高の道しるべになりたい。 そう思い続けてこの12年、体操技術を研究し、自信の手本の技術を保持し、補助技術を磨いてきました。

怪我をして痛い思いをすれば、それはトラウマ化するやも知れません。 正しい知識と練習法のもとに焦らず、着実に練習していけば、もっと楽しい世界が見られたかもしれないのに。 これが一番残念なことです。


体操の本当の楽しさを感じられるようになるまでやる人が、果たしてどのくらい居るのでしょう。
柔軟性向上には痛みを伴うし、基本中の基本である倒立をある程度制御できるようになるまでには、それなりの時間を要します。
地味な努力というのは、重ねる事が難しいものです。 好きになってしまえば苦労を苦労と感じないので、一番良いパターンはそれかも知れませんね。 結局のところ、【好きこそ物の上手なれ】これに尽きますね。 まずは興味を持ってみましょう。


というわけで今回はここまで。 ご覧いただきありがとうございました☆




人気ブログランキング



毎年書いてるような気がするが

ハロウィンじゃなくてハロウィーン(Halloween)な。 


画像は本文と関係ございません。

他国の歴史や文化・言語における単語の語源、由来や正しい発音を少しも学ばずに、お祭り騒ぎするためのテーマだけを欲するのはいかがなものか。

個人レベルならともかく、ヤ〇ーニュースとかの記事を書くようなプロのライターや、デカい企業とかがそういう表記をしているのを見ると、マジで幻滅するわ。 テーマに挙げるならもっと勉強してからにしないと、ブランドイメージを一発で損ねると思うのですが。


他国の文化や慣習を取り入れるなら、その文化や慣習に対して最低限の敬意は払うべきだと思う。

例えば日本の文化や慣習を、他国で曲がった形で伝えられたり、取り入れられたときに、日本人なら『ああ、何だか残念だなぁ』と思うよね。 その逆の立場のことを考えないと。 どんどん民度が下がっていくよ。





と、おじさんは思いました(笑)。



人気ブログランキング

前転とでんぐり返しの違いを割と真面目に解説する動画を作ったぜ。

当倶楽部のYouTubeチャンネルを更新しました。

タイトルの通り、今回は【前転】です(笑)。

体操でいうところの前転と、皆様が想像している前転との違いをお楽しみ下さい。
体操技術の奥深さが垣間見えるはずです。


※動画タイトルの部分をクリックorタップしていただくと、YouTubeアプリが展開します。


如何でしたでしょうか。 一見簡単そうに見える技でも、正しい技術でまともに出そうとすると、意外と大変です。 やはりきちんと練習を重ねないと、それなりの動作でさえも出せなかったりします。

当倶楽部で基本技からきっちりと練習された会員さんは、例えばバック転を跳ぶ際に膝が割れたり、蹴りを決めた後のつま先が伸びていないような方はいません。 体操の基本である倒立をマスターし、前転から後転倒立までの基本技も姿勢の制御から徹底的に学んでいるからです。 どうせ回るなら、跳ぶなら美しく。 綺麗に、カッコよく回ったり跳べた方がイイに決まっています。

安全面から見ても、力で強引に引っ張りまわすような動きより、しなやかでブレが少なく、無理のない動作でさばけている方が良いはずです。 それを可能とする【ゆとり】の部分は、正しい基本技の感覚が備わっていてこそ出てきます。

aMi体操倶楽部は『バック転や宙返りだけ』を教えることをしません。 理由はウェブサイトにも記載してございますが、やはり本物の技術を伝えたいからです。 おいしいところだけを簡単に持って行けるほど、体操の技術は甘くはありません。

当倶楽部に入会し、見事目標の技を体得し卒業していった数多くの皆さんは、基本技の重要性を理解し、努力を重ねて下さいました。 ただひっくり返れるようにだけで良いとか、汚い姿勢の技で満足していた方は一人もいませんでした。

綺麗に出来なければその技に価値は無し。 入会して下さった会員さんに、まず私が最初に教える言葉です。

未経験の大人の方に対し、元競技者が正しい指導理論の元丁寧に指導しております。
やる気と決意さえ持ってきていただければ(あと月謝も(笑))、目標の技体得まで、必ず導きます。

間もなく44歳を迎える私も、良い手本を示すため、日々努力しております。 私と、前向きにまっすぐ努力を重ねる教室の仲間と一緒に、憧れの技をマスターしませんか?

やる気に満ちた皆さんのお越しを、教室でお待ち致しております!



人気ブログランキング

体操シューズも買えまっせ

プロフィール

UNAZO

Author:UNAZO
aMi体操倶楽部は、2008年、日本初の大人専門体操教室として愛知県春日井市に誕生しました(高校生以上対象)。
教室でのエピソードはもちろん、体操とは全く関係ないことも綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
現在のランキング
検索フォーム
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログ最近の記事画像はルミックスG8で撮っています。動画にも強いのでお薦め!
体操シューズを買うならポイントがおいしいこちら
その他お薦め
発送が早いぜ!