前方抱え込み宙返り~第二夜~講師編

本日は助走からの前方抱え込み宙返りを私が跳びます。 一昨日の会員さんの動きと照らして、何かを掴んでいただけたらと思います。


画像の数が多いので、早速見ていきましょう。


IMG_4110-1.jpg
助走から踏み切る前の局面です。 鏡側で見て下さい。


IMG_4111-1.jpg
踏み切りました。腰より手の位置が後ろにあることをご確認下さい。


IMG_4112-1.jpg
蹴りに向けて脚を揃えにいきますが、ここでの膝の高さ、身体自体の浮きは抑えておくことが重要です。 高さをこの局面で出しすぎると、蹴りが上からの踏み下ろし型となり、蹴り返しが効きません。 また、踏み切った後の放物線よりも、蹴りが決まった後の放物線の方を大きく狙わないと、肝心の宙返り自体の浮きが削がれてしまいます。


IMG_4113-1.jpg
はいココ!!!!!! 蹴りを決めている足の位置と、腰と肩の位置関係をご確認下さい。 これが前宙における『蹴り返し』の局面ですよ~☆   完全解説はできませんが、大事です。 また、腰の後ろから振ってきた腕を蹴りと同時に『振り上げ型』で決めることで、宙返り自体の高さが望めます。 更に、伸身でひねりを入れたい!といった場合に、自然に脇を締める要領でひねりの腕の動作が可能となります。 腕を上げたまま走ってきて、『降り下ろし型』で回りにいっている方は、是非今後の発展のため、お試し下さい。 但し、蹴りと引き上げは完全に同時、『ドン』で決めなくてはなりません。
蹴ってから振り上げてもダメ、振り上げてから蹴ってもダメです。 どちらも回転のきっかけが摑めず、ぬる~い回転となってしまいます。 


IMG_4114-1.jpg
蹴り返しの技術で蹴りを決めると、蹴った直後の脚の状態はこのように床に対して垂直に伸びたように決まります。
ヒントは、『慣性の法則』と、一つ前の画像、『蹴り返し』です。
会員さん編で彼女の同じ局面を褒めたのは、私と同じように脚が真下に伸びる形で蹴りが決まっていたからです。
この足の状態が進行方向に対して前傾(前方への押し出し型)した場合、宙返りは流れます。
少し前の記事、後方抱え込み宙返りでお話ししたように、無駄に距離が出てしまうのは体操的には良くないです。
この蹴りと引き上げの局面で、一瞬ですが正面を見る(下を見ず、頭を立てておく)ことが重要です。 何故なのかは、敢えて伏せておきます。 蹴りの局面で下(床)を見ながら蹴っている方は、試してみて下さい。 何かが変わるはずです。


IMG_4115-1
タックルを取りにいきます。 同時に首も入れにいきますよ。


IMG_4116-1
タックルしました。 私は身体に感覚がすり込まれているため、焦点を合わせているわけではありませんが、目線が捉えている先は膝です。 回転中に自分がタックルで取っている膝を見られない方は、首の力が自分のかけている遠心力に負けています。 ※注意※回転後に足で着地がとれない(腰落ちや尻もち等になる)方は、膝を閉じてそれを見にいってはいけません。 膝を開いてタックルし、おへそ辺りを見にいく事で、首の入れを学んで下さい。 立てないうちから膝を閉じたままそれを見に行くと足の裏が床に入った際ストッパーとなり、上半身の回転力は止めようが無くて自分の膝で顔面を強打します。


IMG_4117-1.jpg


IMG_4118-1.jpg
ここで目は床を捉えにいこうとしますが、閉じている膝が邪魔でなかなか床が見えてきません。 前方系の着地を止めるのが難しいのは、後方系に比べ、床の確認できる時期が若干遅れるところにあります。 ですので、足元の床では無く、正面に近い顔の角度で、遠い位置の床を目線で捉えにいきます。


IMG_4119-1.jpg
タックルをほどき、着地をとりにいきます。


IMG_4120-1.jpg
着地しました。 止めます。


IMG_4121-1.jpg
絶対に止めます。


IMG_4122-1.jpg
何としても止めます。


IMG_4123-1.jpg
止まりましたのでポーズに向かいます。 講師としてのケジメです。


IMG_4127-1.jpg


IMG_4128-1.jpg


IMG_4129-1.jpg


IMG_4130-1.jpg


IMG_4135-1.jpg
演技完了。



画像が多くなり、すみません(^^ゞ


本日はここまで。 今日もご覧いただき、ありがとうございました☆



人気ブログランキング

前方抱え込み宙返り~第一夜~会員さん編&ブログ読者の入会時特典について

今回は、女性会員さんの助走からの前方抱え込み宙返りについて、見ていきたいと思います。 毎度の決まり文句ですが、理論等の肝心な部分は、会員さんに月謝という名のもとに買っていただいている情報ですので、こちらでは完全解説はできません。 悪しからずご了承下さいませ。

なお、明日は私が同じ技を跳びます。 比較して学べる部分は多いかと存じますので、参考にしていただけたらと存じます。

ただ、今回モデルとなっていただいたこちらの会員さんの動き、かなり良い線いってます。 まだ取り組み始めたばかりなので、まだまだ良くなります☆ 後日、仕上がったものを再度こちらで取り上げるのもいいかもしれませんね☆


それでは早速見ていきましょう。 


IMG_3298-1.jpg
助走から踏み切って、間もなく蹴りの部分が来ます。


IMG_3299-1.jpg
いきなりですが、この踏み切った後の膝の高さ、少し抑えた方が良いです。 この局面自体の浮きも、若干抑えて良いと思います。 この局面を覚えておいて下さい。 明日、見比べると答えが分かります。


IMG_3300-1.jpg
練習し始めなので、引き上げの腕の動作は上げたままの進入となっています。 最初はこれで良いと思いますが、跳躍自体に慣れてきたら、蹴りに合わせた『振り上げ型』の引き上げに切り替えていきます。 理由は、明日多少濁して(笑)ご説明します。


IMG_3301-1.jpg
はいココ!!! 彼女の今回の跳躍で一番褒めてあげたいのはここですね~☆ 蹴りを決めている足の部分と、肩の位置関係を覚えておいて下さい。 あと、蹴りを決める時点で見ている方向も、なかなか良いと思います。


IMG_3302-1.jpg
前の画像でのさばきが良かったため、この局面で蹴りを決めて浮き始めた『脚』の形状と角度が、『いい感じ』になっています(笑)。 また、蹴りの部分でちゃんと腹筋を締めて蹴っているので、その力が腰にきちんと伝導し、回転動作に繋げられています。


IMG_3303-1.jpg
タックルしました。 良いですね☆ 首も回転方向にちゃんと入っています。 『首の入れ』。これについても、明日若干濁しながら解説しますが、意外ときっちりできる方は少ないです。 人間が、自分で自分自身に回転をかける際、自分のかけた遠心力の方向に対し、同時に押し戻そうとする力が身体や重さのある『頭』にかかることを知らねばなりません。

回転する方向により、その重さのある『頭』をどちらに動かすかを切り替えます。 その作業は『首』の力で行われるため、体操での表現としては『首』で表現されることが多いです。
『首の入れ』は主に前方向、『首の返し』は主に後ろ方向で使います。 『主に』と書いたのには理由がございますが、それはまた別の機会に(笑)。側宙とかで解説するのが良さそうですね☆


IMG_3304-1.jpg
良いと思います☆ 首に、タックルで取っている膝あたりを見に行こうとする力を感じますので。


IMG_3305-1.jpg
前宙の場合、首の力が『入れる方向』で、自分のかけている遠心力に存在する押し戻そうとする力に負けなければ良し。ということになります。
『首が負ける』方は、この局面で天井、若しくは斜め上あたりを見ているはずです。


IMG_3306-1.jpg
着地しました。 自重プラス落下の衝撃が足裏から入ってきますので、踏ん張ってこらえて下さい☆


IMG_3308-1.jpg
こらえました☆ あとはポーズをきるだけですので、大丈夫ですね。


練習開始間もない跳躍としては、かなり良くできていましたね☆ 今後の成長が期待できます。
仕上がったら、また登場していただきましょう。



さて、タイトルで書きましたが、今回の臨時募集では、当ブログをご覧いただいている方に特典を設けたいと思います。
年末に向け誰しも多忙であること、そして今後寒さは深まっていく中で、新たに習い事を始めようというのは難しい決断だと思いますので(笑)。 

まずは特典の内容から。 入会金を通常¥5,000-から、¥3,000-に割引します。
ここまでで¥2,000-お得。
そして12月中の参加費用を完全無料と致します。 通常では日割り計算でのご案内となるため、入会時期が早いほどお得となります。
※12月中に入会すれば、入会時に必要な費用は、入会金¥3,000-と、1月分月謝¥15,000-、合計¥18,000-のみとなります。

さて、特典を受ける方法ですが、審査申し込みフォームに『志望動機と意気込み等を記入する欄』がございます。
ここに内容記入後、最後に『ブログ見ました。これからも見ます。』と入力して下さい(笑)。 これで審査に合格すれば、特典内容が反映された合格メール(入会案内)が届きます。

当然ですが、ウェブサイト上では日割り計算でのご案内が記載されますので、上のキーワードを書いた方のみが受けられる特典です。 後から気付いてもダメです(笑)。


以上、ご案内申し上げます。 愛知県春日井市近郊にお住まいの方で、ある程度根性があり、やる気に満ちたあなた☆

ご応募お待ち致しております!


※受け付け開始は本日12/3(水) 21:00~を予定しております。
弊社ウェブサイト上で設置される『新規会員募集 詳細はこちら』のボタンからどうぞ☆





人気ブログランキング

後方抱え込み宙返り~第二夜~講師編

お約束通り、本日は私の後方抱え込み宙返り(スタンディング)をUPしていきます。 決まり文句ですが、会員さんの手前、こちらでは完全解説はできませんので、あしからずご了承下さい。 濁していきます(笑)。

この記事の最後に出血大サービスで重要なヒントを書き残しますので、一枚目の画像で、私が立っている位置を覚えておいて下さい。 それでは始めましょう☆


IMG_3653-1.jpg
まずは立って、レッスン後に何を食べるかを考えます。。。


IMG_3654-1.jpg
スガキヤの特製ラーメンが食べたいけど、まずは宙返りだ!!と動き始めます。


IMG_3655-1.jpg
腕をしっかりと引いていきます。


IMG_3656-1.jpg
しゃがみ込んだときの膝と肩の位置関係をチェックして下さい☆


IMG_3657-1jpg.jpg
この局面で踵が浮いてしまう方、蹴りの威力がかなりロスしますよ~。


IMG_3658-1.jpg
引き上げに向かいます!


IMG_3659-1.jpg
はい出ましたココ!!! 昨日の記事で『覚えておいて下さい』の局面ですよ~☆
蹴り抜いた足の位置と、肩の位置関係。 横から見ているので、『腰と肩を線で結んだ角度』でも良いです。
ほぼ垂直跳び。 これ、かなり重要です。


IMG_3660-1.jpg
蹴り抜き後の膝を引き上げて、タックル(抱え込み)に向かいます。 ここからは昨日の話で出た、『首返しの時期』が重要となってきます。 ここではまだ目は前を見ています。


IMG_3661-1.jpg
はい ここで返しました。 昨日の会員さんの同じ局面での画像と見比べていただくと、状態の違いに気付くはずです。


IMG_3662-1.jpg
はい ブレていますが、ここで床を見ています。上半身は逆さまよりちょっと手前くらいですね。 この局面で床を視界で捉える事ができれば、あと半回転でどこまで回転を入れ、着地をおさめれば良いのか制御可能です。 実際の跳躍は一瞬ですが、練習で反応できるようになってきます。


IMG_3663-1.jpg
床を見ながら、着地に向かいます。


IMG_3664-1.jpg
着地の瞬間です。 肩と膝の位置関係をチェックして下さい。


IMG_3665-1.jpg
この位置なら、動かずにいられます。 私は講師なので、きちんとしたお手本としてポーズに向かいます。


IMG_3666-1.jpg

IMG_3670-1.jpg

IMG_3672-1.jpg

IMG_3675-1.jpg
跳躍完了!! 遠足が『家に着くまでが遠足』であるように、体操は『ポーズをきるまでが演技中』ですので。
指導者としてのケジメです(笑)。



さて、冒頭で書きました、一枚目の画像の『私の立っている位置を覚えておいて下さい』に繋がる、出血大サービスヒントです☆
最初の立ち位置を確認した上で。。。。。


最後の画像で私が着地した位置をご確認下さい。



良い宙返りは『流れない』。   宙返りが『流れる』とは、蹴った位置から回転後、着地した位置までの距離が出すぎた場合のことを指します。 ロンダート等、助走により慣性の法則が進行方向に対してかかっている場合、蹴り返しても自然に出てくる距離は問題ございません。 また、跳馬では高さと共に飛距離も競っているので、これは除外します。


スタンディング状態からの宙返りは、止まった状態から技を出しますので、助走はゼロです。
結果、『立っていた位置に、回った後また立てるように練習すること』が、スタンディング後方抱え込み宙返りの究極の狙いとなるわけです。 ですので、aMi体操倶楽部では、跳び箱からセーフティーマットへの練習をするにあたり、できるだけ回転後、マットぎりぎり(飛び箱寄り)で着地を狙うように指導します。 より良質な技術を教えてあげたい。 ここでゼロから体操を学び始めた方に、例えば外部で他の体操経験者に見せても、絶対に馬鹿にされない跳躍を体得させてあげたいのです。


弊社のウェブサイトでも記載しておりますが、ただ回るだけなら、独学で十分です。 私はほぼ独学でやってきましたけど(笑)それだけに、やはり跳べるようになるまでに時間がかかった技があるわけです。
aMiに来てくれる皆さんには、当時自分がその技に取り組んだ時に考えた事、見つけた重要なポイント等を最初から伝えてあげられる。
最短で結果に導いてこそ、体操教室の存在意義があるわけですが、そこには、現状を瞬時に見抜き、的確なアドバイスをかけるための技術が必要です。これは自分自身が跳ぶのとはまた別の技術ですので、この品質で、教室の評価は決まるものなのだと私は考えます。 
当時の私が自分で悩み抜き、練習を重ね、苦労して見つけた感覚があります。それが焼きついて残っているからこそ自信を持って教えられることがあり、取り組み方やその姿勢を説いていけるんだと思います。



ここからは会員の皆様へ。。。
誰よりも高く。美しく。 必ずしも、本当の結果としてそこに到達する必要はございません。どの世界にも、上には上がいるものです。 ただ、それを『狙い続ける姿勢』こそが、みなさんの技術を向上させる一番大事な要素であり、条件なのです。

今日も真剣に、楽しく、体操の練習を頑張りましょう!



今回もご覧いただき、ありがとうございました☆




人気ブログランキング

後方抱え込み宙返り~第一夜~会員さん編

さあ、今回のテーマは2日にわたってお送りします。 技は『後方抱え込み宙返り』。第一夜は会員さん編です。
この撮影時で、タンブリングバーン上での跳躍は2レッスン目ですので、よく出せている方だと思います。 その前のレッスンまでは、跳び箱からセーフティーマットに向けての練習でした。

この連続写真の撮影後、より良い跳躍が出たのですが、その回は撮っておらず。。。(^0^;) まぁ、完璧過ぎても解説する余地が無くなってしまいますので、今回はこれで良しとしましょう。
では早速、各局面を見ていきます。 なお、毎度毎度の定番文句ですが、理論の部分は、会員さんに月謝という名のもとに買っていただいている情報ですので、ここでの『完全解説』はできません。 良い動きを出すための『ヒント』をにおわせていきます。


IMG_3281-1.jpg
よく腕を引いていますので、この後の引き上げの局面に向け、腕の重さが十分に効かせられそうです。


IMG_3282-1.jpg
ここでのヒントは、しゃがみ込みの一番深い部分での『膝と肩の位置関係』です。


IMG_3283-1.jpg
それをキッチリ決めておかないと、この局面で踏みつけている足の位置と、引き上げようとする肩の位置が、このようになります。


IMG_3284-1.jpg
蹴りを決めた時のこの形。今回はここをよく覚えておいて下さい。明日の記事で答えが分かります☆


IMG_3285-1.jpg
引き上げの際、首の返しを一瞬待てることは良いことですが、彼の場合は待ちすぎですね(^0^;) ここまで首の返しを待ってしまうと、膝は上がってきているのに上半身が止まったままになっているため、回り始めのきっかけを失ってしまい、上半身の形状も含みすぎ(背中が丸まりすぎ)てしまいます。 これはすなわち、『失速』を意味します。


IMG_3286-1.jpg
ですので、この局面でもまだ首は返ってません。 一つ前の画像の時に、返し始めても良いくらいです。 ロンダートから繋ぐ場合は慣性の法則が回転しに行く方向にかかっていますので、これくらい首の返しを待っていても良いですが、スタンディング状態からの跳躍ですので、首返しにおける『ほどよい時期』を学ぶ必要があります。 


IMG_3287-1.jpg
ここで床を見ています。 腰の高さが落ちていないのは、タックルの引きつけ力で回転力をフォローできているからです。 彼はこのあたりの調整能力は強いですねぇ。


IMG_3288-1.jpg
頭の位置と脚先の位置関係を見ると、膝を伸ばし始める(着地をとりにいく)には少し早いです。
『タックルをほどくのが早い』と表現されることが多いです。


IMG_3289-1.jpg
身体が浮いている間に、この絵の位置くらいまで脚先、膝の位置を持って来ていたら、この辛そうな着地姿勢は回避することができます。 宙返り自体の浮き(高さ)はそこそこあるのに、着地が辛い、または重い感じがする方は、ここが重要なポイントとなります。


IMG_3290-1.jpg
上から6枚目、タックル時、膝裏を手がとらえた時の画像を戻ってみていただくと分かりますが、失速により、回転力を補おうとするあまり、引っ張る力に偏りが生じ、脚先がずれているのが分かります。
それが回転軸を傾かせ、この着地姿勢に繋がっています。


IMG_3291-1.jpg
引っ張る力に偏りがあると、それは腰にまで影響を及ぼし、足が床に入ったときの重心の偏りへと繋がってしまします。
ですので、バランスを取り直すために足元がバタついていますね。


IMG_3292-1.jpg
ここで脚先が揃いましたので、重心も安定位置に収まったようです。


IMG_3293-1.jpg
ここからはポーズをきるだけなのでもう大丈夫ですね☆



明日は私の同じ技を撮影し、大体同じ局面が撮れたもので解説を入れていきます。 核心は書けないので、少しぼやかしますけど(^^ゞ 比べることで見えてくる答えというのはあるはずですので、参考になればと思います。


今回撮影のモデルとなっていただいたこちらの会員の方は、セーフティーマット卒業から2回目のレッスン(床にて一人で跳ぶのは2回目)でこれくらいの跳躍が出せていますので、素晴らしい成長ぶりだと思います☆ プロのパフォーマーの方なので、動きを出すということにかけては体操と共通。流石の吸収力です。
因みに、この方が噂のヨーヨーの世界チャンピオンです☆ 間近でその世界の技術を拝見しましたが、ハンパないっすよ!!!!!


倶楽部のウェブサイトでもリンクを貼らせていただいているので、こちらでもご案内しておきます☆

是非!! 是非『世界の』表現力とその技術をご覧になって下さい☆

Yo-Yo Entertainer TOMMY






人気ブログランキング

前跳び前転!

たまには私自身の跳躍を(^0^;) レッスン終わりがけ、残り2名様となったところで、少し時間をいただいて撮っていただきました☆

本日は超~~~基本技。 前方の『蹴り返し』の技術を学ぶために最適な、『前跳び前転』です。
画像の数が多いので、コメント少なめでズラズラ~~~っと並べていきますね☆


IMG_3055-1.jpg
カメラ自体は動かせないので、鏡の方で私の動きをご確認ください。 走り込んできています。


IMG_3056-1.jpg
踏み切って、間もなく蹴りの部分が来ます。



IMG_3057-1.jpg
はいココ!!! ポイントは、蹴りを決めている足の位置と、肩との位置関係です。 会員さんの手前、ブログ内での完全解説はできませんが、このカットにはかなり重要なヒント(というか答え)が隠されています。


IMG_3058-1.jpg
はい 蹴りました~☆ 引き上げて姿勢作りに向かいます。


IMG_3060-1.jpg
はい 姿勢つくりました~☆ ポイントは伸身姿勢を床に対し水平で狙うこと。 そのために姿勢の『決め』の部分では一度正面を見ることです。 跳躍中なのでブレがありますが、鼻の向いている方向で正面を見ているの、分かるかなぁ。


IMG_3061-1.jpg
はい ここで床を見ました~☆  姿勢を決めたら、床を目線で捕らえます。


IMG_3062-1.jpg
伸身姿勢を保持しながら、着手に向かいます。


IMG_3063-1.jpg
ここ。 まだ手に体重は乗っていませんが、この局面(手が床に触れた時点)での、脚先の所在が重要です。 脚先が手と同じ位置(倒立の状態)によっていた場合、慣性の法則によってこの後迎える『転』の部分で、背落ちか、腰を床で強打する羽目になります。 ヒントは、『腰から伸ばした脚にかけての重さを、衝撃緩和に利用する』です。 これ、答えか(^^ゞ


IMG_3064-1.jpg
しっかり支えながら、『転』の動作へと繋げます。 屈腕支持の状態で脚先がこの位置にあれば、何とか『転』は衝撃緩和と共に、回転によって力の方向の切り替えがうまくできそうですね。


IMG_3065-1.jpg
はい 転の動きを出し始めました~☆ この局面で膝の引きつけと肩の起こしが開始となりますが、重要なのは『首が負けないように』することです。 『首負け』とは受け止めている衝撃と、同時に起き上がろうとする中で、あごが上がってしまい、天井を見た状態で上半身(肩)が起き上がってくる状態を指します。 しっかりと膝を見に行く力を首でかけておかないと、高さを蹴りで上げていった場合、着手時に受ける衝撃で首を痛めます(むち打ちのような状態になります)。


IMG_3066-1.jpg
この局面でもし、完全に天井を見ていたら首がヤバいですし、あごが開いたことで上半身が少しでも伸びてしまったら、腰の強打も確定です(^◇^;)


IMG_3067-1.jpg
無事、上半身の引き起こしができました。


IMG_3068-1.jpg
あとは腰を浮かせて着地姿勢に向かうのみ☆


IMG_3069-1.jpg
もう解説は要らないですね。


IMG_3070-1.jpg
以上、前跳び前転でした~☆


連続写真、楽しいな~☆ YouTubeはアップロードするだけで楽だけど、こういうのも良いかなって思いました。 反応が良ければ、いろんな技でシリーズ化しま~す☆


それでは今日はここまで。 ご覧いただき、ありがとうございました☆



人気ブログランキング
プロフィール

UNAZO

Author:UNAZO
aMi体操倶楽部は、2008年、日本初の大人専門体操教室として愛知県春日井市に誕生しました(高校生以上対象)。
教室でのエピソードはもちろん、体操とは全く関係ないことも綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
現在のランキング
検索フォーム
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR