全て鍛え直しだ

ここまでは『如何に人に体操の技術を伝えるか』をただひたすらに研究し、指導理論を練ってきた。ゴールはないものの概ねそれもまとまり、当たり前の努力をする者であれば、誰にでも教えられる自信も付いた。

IMG_5703.jpg
手本を間近で見られるのがaMi体操倶楽部の売り。 今後も、口だけでまともな手本も見せられないような講師にはなりたくないので、自分の動きの全てを見直そうと思う。


IMG_5156.jpg
可動域の確保が重要だ!と言って自分が硬くては説得力に欠ける。


体操が楽しめる領域に達するためには、それなりの努力が必要だ。 それが大変だとか苦痛と感じるかどうかは、どれだけ体操に興味が持てているかと、好きになれるかだと思う。

今年は自分のやる体操が、自分自身で好きになれるように努力してみよう。
歳をとっても輝いていられる自分を、自分自身でつくれたら、その背中を本気で追いかけてくれる人がまたたくさん現れるかも知れない。

私が体操をもう一度楽しんでみて、自分の周りがどうなるかを見てみたい。



人気ブログランキング
検索フォーム
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR