仲間が居てくれるから

同じ目標に向かっている仲間が居てくれるから、今の自分の位置が解る。 比較対象があるのと無いのとでは、何かを学ぶにあたって自分の状況が把握しにくいため、伸び悩むといったことも多いでしょう。

単純に自分の立ち位置が理解できるだけでなく、仲間が真剣に頑張っている様を目の当たりにすれば、『自分も頑張らなきゃ』と思えるはず。 頑張った結果、目の前に掲げていた目標の技を体得したならばなおの事です。

P1000004-1.jpg
仲間が自分に教えてくれること、そして力と勇気を与えてくれること。 これが物事を学ぶ上でいかに強力であるか、アクロバットが絡む体操では必ず味わう事が出来ます。

例えばバック転や宙返り。 補助を外して、初めて一人で跳躍してみましょうという流れになった場合、そこには【ヘタをしたら怪我をしてしまうかも】といった恐怖心を少なからず抱くはずです。 

己の中にある恐怖心と戦い、それにうち勝った仲間が居たとします。 跳んだ人はそれが自信と経験となり、目撃した人は【あの人も頑張ったんだから私も】と、勇気を奮い立たせることが出来たりするのです。

練習場では、応援の声が飛び交います。 『ガンバです!!!』 『さあガンバ!!!』
仲間が自分の技の成功を期待し、願って、あなたの心の背中を押してくれるのです。


最近、パーソナルレッスンを行いましたが、やはり講師とだけ向き合うだけでは、学んでいくうえで今後足りない部分が出てくるな、と感じました。
『講師や先生と言われる人は、出来て当たり前』と思って会員さんは訪れますので、マンツーマンだと、何らかの手本を示したときに、『先生だから出来るんですよ』と心のどこかで思ってしまいがちなのです。 この人は既に出来る人で、私はまだ出来ない人、と考えてしまう。 ただその図式では伸びやかな成長は見込めません。 体操は特に、自分を信じる事でしか戦っていけないスポーツですから。

自分と同じように、全くできないところから始めた仲間が周りに居れば、『頑張ればこんな風になれるんだ』とか、『今同じくらい出来るこの人には負けないように頑張ろう』とか、そういう方向性でレッスンを受け止めることが出来ます。


皆さんを受け入れている私自身も、頑張る皆さんの姿に力をいただいて、頑張ることが出来るのです。 頑張る人が居ないのであれば、この教室は存在する価値も理由もないのですから。


私は体操の技術だけをこの教室で教えているつもりはありませんが、体操に取り組むことで、自分を知ることが出来たり、人を知ることが出来たりするチャンスが生まれるこの場所を、多くの方に知っていただき、その素晴らしい世界を体験し、見てもらいたいと願っています。


P1000001-1.jpg
彼は私の大切なパートナー(笑)。

仲間が教えてくれることがいかに多い事か。 そしてその仲間がいかに大切な存在であるかを、このaMi体操倶楽部では知ることが出来ます。 これはもう、絶対です。 12年にわたり、私が仲間たちと共に一生懸命つくりあげてきたこの場所に、興味を持たれた方は是非お越し下さい。 手前味噌ですが(笑)、ここは本当に素敵な場所ですよ。


というわけで今回はここまで。 ご覧いただきありがとうございました☆



人気ブログランキング

入会が早いほどお得なキャンペーン実施中

7月中の参加費用が無料です。 最大で¥16,000-お得です。 もう入るしかありませんね(笑)。

IMG_6364.jpg
最近の記事であったように、木曜クラスのメンバーがほとんど卒業されたため、早急にメンバーを埋めなくてはなりません。
当倶楽部は参加者一人一人にきっちり目が向けられるよう、少数でクラスを編成しています。
今回の募集は、教室の存続をかけた重要な1本となりますね。

ただ今回もこれからも、お金をいただく教室である限りは、成果をしっかりとお渡しできる条件で取り組んでいきます。
体操感覚というものは、身体に定着するまでは特に抜けていきやすいものです。
競技レベルでいえば、1日練習を休むと、休む前の感覚を取り戻すためには最低でも2週間は必要とされています。
例えば、鉄棒の手放し技を想像して下さい。 今流行りのカッシーナは勿論、スタンダードなトカチェフでさえ、肘の伸びた良い距離でバーを掴むためには、あふりをかける時期や、手を放すコンマ何秒の調整が重要です。 少しでもバーを長く持ちすぎると回転後はバーから離れていくため掴めませんし、早すぎるとバーに近づきすぎて肘が緩むか、最悪の場合バーの上に激突する形で乗っかってしまいます。 それを体操選手は、毎日当たり前に重ねていく練習にて感覚ですり込み、精度を保っているわけです。

aMi体操倶楽部は週1回参加の方がほとんどです。 月あたりで1回でも練習に穴をあける事に対するリスクがいか程のものであるか想像がつくでしょう。 ここに来るみなさんは体操選手のように超高難度の技に取り組むわけではございませんが、基本技が一番大事なのは、体操に限らずどんなスポーツでも共通でしょう。 そしてその大切な基本技にこそ、感覚で技術を定着させることが非常に重要なのです。

一度休むと、その前のレッスンで得た感覚に戻すのが精いっぱいで、新たな感覚を積み重ねられるはずもないのです。だから当倶楽部には入会審査が存在し、入会条件のチェック項目に【自身の指定した参加希望曜日について、無理なく予定を空け、参加できます】があるのです。 穴を開けずに通っていただかないと、こちらがいくら良質な指導理論と技術を持っていたとしても、【結果】や【成果】に導くことが出来ないのです。

まただらだらと綴ってしまいましたが、結局のところ肝心なのは出会いです。 向上心を持った元気な人、と一言でいえば簡単なのですが、こういう方と出会うのはなかなか難しい事なのかもしれません。

と言いつつ再編成中の日曜クラスに、明るく、前向きで素敵な仲間が最近入会してきてくれました。 私が何を言ったわけでもなく初回からノートを持参し、自分なりに重要だと思ったポイントを書いているところを見ると、私の指導者魂が沸々とたぎってくるわけです(笑)。


今日はこれくらいにしておきます(笑)。 好きになってしまえば、苦労は苦労と感じません。 体操は【超】全身運動なので、決して甘くはありませんが、ある程度真面目にやって跳べるようになると、楽しくてやめられなくなりますよ。 私が40も過ぎてまだやってるんですから(笑)。


というわけで今回はここまで。 ご覧いただきありがとうございました☆



人気ブログランキング

検索フォーム
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR