---

12年間、お世話になった教室に感謝。


P1000419.jpg







人気ブログランキング

『もの』の価値

P1000384.jpg
時間がないので1Fの手近に置いてあったものだけをかき集めました。 会員さんやソウルメイトにいただいた記念品やお祝いの品。
ごく一部です。 会員さんならご存知の2F倉庫には、まだまだ大量に詰め込まれています。


P1000385.jpg
少しアップでもう一枚。


P1000383.jpg
そして事務所に飾ってあったこちら。


P1000382.jpg
何よりも嬉しかった、お手紙や感謝状。 これも全部ではありませんが、近くにあった一箱分だけ広げて。


P1000401.jpg
ここに並ぶのは、宝の山です。これだけあれば、私はこの先も10年、また何百人でも体操技術を教えられたでしょう。
ただ、居場所を失ったこの子たちはその命を失います。 ゴミ。 無価値です。 それは私も同じ。


例えどんなに価値のあるものでも、それが周知されなければ。またはその価値を見出したり、価値をつけるものが存在しなければ、それは無価値と等しいのです。


私は最初からこの仕事は利益は二の次とし、自分が一番大切にしていたいものを前面に打ち出して始めました。
だからどんな高価な物をいただくより、気持ちのこもったお手紙をいただくことが嬉しかった。 笑顔で挨拶や会話が交わせることが嬉しかったのです。
素敵なものをいただくのは勿論嬉しいですし、物にも想いを乗せる事は出来ますが、飾ったり、使用したりといった『用途』が同時に存在するので、少しぼやけてしまうといいますか、若干、一つ壁越しであるかのような何かを感じます。 一方、手紙は基本的に飾ったり使用したりしません。 そこにあるのは、書いた人の気持ちのみなので、ダイレクトに私の心に突き刺さるのです。

気持ちをいただけることの喜びは、何物にも代え難い。



勿論ビジネスですから、お金は大事です。 それが無ければ運営していけませんからね。

私は12年間、この教室が良い時も悪い時も、役員報酬を取らずにやってきました。 会計上は『未払い報酬』として計上されていますが。
売り上げは全て運営費に充て、私個人としては一銭も受け取らず12年仕事をしてきました。

本当の家族以外の人と、本気でハートで向き合えるような仕事がしたくて、それならこれしかない!と思って始めました。
個人的には、気持ちだけで会員さんの前に立ち続けられてこそ、自身の掲げた指針は達成できると信じていました。

プロを名乗る限り、その技術は他を圧倒していなければなりません。 いただく報酬以上のものを当たり前に提供できてこそ、真のプロフェッショナルなのです。 
そしてプロフェッショナルは、相応の報酬を取らなくてはなりません。 技術の安売りは、自身の携わる業種をチープなものとし、同業者の価値をも下げ、自分が携わった世界のもつ文化や歴史さえも冒涜することになりかねません。


習い事としては¥16,000という決して安くはない月謝を設定したのも、教室としてはプロがやっている体でなくてはならなかったから。 私個人には入ってこなくても、教室として『成立』していることと、私個人が私なりの考え方とやり方で『プロでいる事』が大切だったのです。

そういう意味では、12年間、気持ちだけで会員さんの前に最後まで『本気で』立つことができて、非常に満足しています。 自分らしくやったなぁと。


私は結婚しておりませんので子供がいません。 そんなに器用でもないので、自分の夢を本気で追いかける代わりに、一般的な幸せを諦めたような格好です。 だから手作りで少しづつ作ってきたこの教室は、我が子のように愛おしく、大切なものでした。

ここまで書くと、核心をだらだらとまた述べ始める自分を感じますので(笑)、もうこのくらいで終わりたいと思います。


P1000399.jpg
さぁ、りあん会長! 次はどこへ一緒に行きましょうか?


IMG_1774.jpg
大丈夫。 大好きなことを、信じていたことをこんなに一生懸命出来たんだから。


IMG_0570-1.jpg
俺はきっとまた面白い事を考えて、信じることを見つけて始めるさ。


TOP1.jpg


IMG_4223-1.jpg


IMG_5156-1.jpg


IMG_6364-1.jpg


IMG_6795-1.jpg


IMG_6543-1.jpg



P1000406.jpg
自分で見つけた大好きなもの。 おかえり。 





人気ブログランキング

毎年書いてるような気がするが

ハロウィンじゃなくてハロウィーン(Halloween)な。 


画像は本文と関係ございません。

他国の歴史や文化・言語における単語の語源、由来や正しい発音を少しも学ばずに、お祭り騒ぎするためのテーマだけを欲するのはいかがなものか。

個人レベルならともかく、ヤ〇ーニュースとかの記事を書くようなプロのライターや、デカい企業とかがそういう表記をしているのを見ると、マジで幻滅するわ。 テーマに挙げるならもっと勉強してからにしないと、ブランドイメージを一発で損ねると思うのですが。


他国の文化や慣習を取り入れるなら、その文化や慣習に対して最低限の敬意は払うべきだと思う。

例えば日本の文化や慣習を、他国で曲がった形で伝えられたり、取り入れられたときに、日本人なら『ああ、何だか残念だなぁ』と思うよね。 その逆の立場のことを考えないと。 どんどん民度が下がっていくよ。





と、おじさんは思いました(笑)。



人気ブログランキング

我がソウルメイトへ

IMG_1722.jpg


IMG_1707.jpg


IMG_1708.jpg


IMG_1709.jpg


IMG_1712.jpg


IMG_1720.jpg


私が創ったこの場所を大事に思ってくれて、愛してくれてありがとう。

そんなお前のことを、俺は愛してるぜ。


カラーガードとは

本来の語義は「旗衛隊」。カラーガード(Color Guard)とは、ドラム&ビューグルコー(鼓笛隊)やマーチングバンドにおいて、フラッグ、ライフル、セイバー(サーベル)などの手具を用い、視覚的表現を行うパートである。 「カラー」とは国旗あるいは軍旗の意味であり、軍隊におけるこれらの旗の警護隊を起源とすることから、「カラーガード」の名称で呼ばれる。 ※Wikiより

自衛隊・警察や消防にある音楽隊には欠かせないパートで、今回ご紹介するのは横浜市消防音楽隊のポートエンジェルス119。
pan.jpg
1982年、消防音楽隊としては日本初の「演奏もできる女性ドリルチーム」として誕生したポートエンジェルス119!!
この愛称は1983年に一般公募で名づけられ、現在まで広く親しまれています。 ※横浜市消防局ウェブサイトより

YouTubeで検索をかければ沢山動画が出てきますが、私が一番気に入っているものをご紹介します。

いかがでしょうか。屋内で音が散りにくく、呼吸が合わせやすいというのもあるのでしょうが、キメの動作が拍にビタで乗っかってますね! 演者の皆さん、肘の使い方が非常に巧みで、『キレのある動き』を表現するには関節をどう扱えばよいのか、本当によく研究されているようです。

そして正面アングルからの屋外での演技を一つご紹介。



オーディエンスが拍手のしどころを心得ており、観ていて気持ちの良い動画がこちら(笑)。

素晴らしいものを観たときはこういう反応をしなきゃ。

チアと違い、『手具』を用いることが特徴ですが、ポートエンジェルス119さんはストレート・トランペットを使用されているのがまたイイですね☆ 音楽隊の一部であるという意味でも、非常に説得力があります。

私はこういったキレのある動きが好きなので、また何か別の素敵な世界を見つけましたら、こちらでご紹介したいと思います。

というわけで今回はここまで。ご覧いただきありがとうございました☆



人気ブログランキング

体操シューズも買えまっせ

プロフィール

UNAZO

Author:UNAZO
aMi体操倶楽部は、2008年、日本初の大人専門体操教室として愛知県春日井市に誕生しました(高校生以上対象)。
教室でのエピソードはもちろん、体操とは全く関係ないことも綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
現在のランキング
検索フォーム
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
当ブログ最近の記事画像はルミックスG8で撮っています。動画にも強いのでお薦め!
体操シューズを買うならポイントがおいしいこちら
その他お薦め
発送が早いぜ!